Posts Tagged ‘収納’

PostHeaderIcon キッチン収納のポイントはストック食品と調理台周辺

キッチン収納についてのアンケートによると、半数以上は収納量が十分でなく、収納には余裕が無いと答えています。特に足りないのはストックの食品の収納場所です。
食品ストックの収納場所としてはパントリーがあります。26.7%がパントリーを設けていますが、そのうち36.5%が食品ストック類の置き場に困っています。

夫婦とも育児・仕事と忙しく、宅配や通販を利用や、週末に一週間分を買い置きする生活スタイルが増え、防災意識の高まりと共に非常食の保存も必要で、従来よりも食品のストックスペースを確保する事が必要になっているのです。
パントリーのプランニングで大切なのは、何がどこにあるかが分かりやすく、取り出しやすく、賞味期限や在庫などを管理しやすいことです。

キッチン・ダイニング・リビングが一つの空間に配される場合が増え、キッチンカウンターはスッキリさせておきたいです。カウンターの上に何も置かないようにしている人の半数近くは、収納が十分であると答えています。収納プランの使い勝手がよければ、整理整頓もしやすいようです。美しいカウンターを保つには、道具類をしまう定位置を決め、出し入れしやすい収納方法が基本です。

家電製品の収納も考えましょう。家電収納家具には、使うときには引き出すことができ、蒸気を排出できるもの、使用しない時には扉を閉めることができるものもあります。家電は大型化する傾向なので、買い換える事を考え、大きさなど余裕を持たせておきましょう。

キッチンの収納は、家族の人数や生活習慣、食生活などによって異なります。収納する物や大きさを明確にし、何をどこに収納すると使いやすいのかイメージしながら検討しましょう。

PostHeaderIcon リビング収納

家族の長時間共に過ごすリビングこそ物が集まってきやすいのです。リビングにはお客様をお通しすることもあるだけに、物で溢れた空間にするのではなく、スッキリとしたくつろぎやすい空間を保ちたいものです。それにはリビングの収納に力を入れましょう。我が家は、テレビの後ろのデザインタイルの壁の後ろ側にウォークインタイプのリビング収納を設けました。

ここにはリビングに散らかりがちな子ども達のおもちゃや絵本、幼稚園カバンや帽子を収納します。将来的にはランドセルもここにしまう予定です。壁には棚を造り付けているため床から天井まで余すとこなく収納スペースとして利用できています。棚の高さは収納する物によって調整できるようにしています。

そのため無駄なスペースを生みにくく、上手に物を整理できています。リビングから見ない収納スペースであるため、目に触れると生活感を与える日用品などもここに収納していますし、大きさのある掃除機やアイロン台もここに整理しています。その他には家族みんなで共有するものもここで管理しています。説明書や爪切りや綿棒、お薬など必要な時にみんながサッと取り出し利用できるのです。

一部分はハンガーパイプを設けコートクロークとしても利用できるようにしています。リビングにこのような収納力のある収納を設けたことで、リビングに物が散らかりにくくなりました。そしてリビングという身近な場所に使いやすい収納スペースがあることで物を出したらしまうという習慣も身に付きやすいのです。

PostHeaderIcon 多機能なシューズクローク

玄関の横にシューズクロークを設けるスタイルは今では当たり前のようになってきました。ただ靴を大容量に収納できるだけのシューズクロークでは今では珍しくないのです。シューズクロークにも他機能性が求められているのです。私の友人宅にはシューズクローク内に手洗いスペースを設けていました。最初はここに手洗いスペースは必要なのか!?と感じましたが、これがあることでリビングまでの動線がスムーズになるのです。

帰宅してシューズクロークに靴をしまい、その場で手洗いができれば後はリビングでゆっくりくつろぐだけです。一度リビングに入ってしまうと洗面室に手洗いしに行くのが面倒と感じていまします。しかしシューズクローク内に手洗いスペースを設けることで、面倒と感じる瞬間がなくなり、ゆっくりとリビングで過ごせるのです。

また他の友人宅には上着などを一時置きできるスペースをシューズクローク内に設けていました。リビングは家族団らんの場です。家族が集まる空間だからこそ、自然と物も集まってきます。着ていた上着やソファの上に置きっぱなしになっている光景もよく目にします。リビングに物が集まることでリビングの快適性を欠いてしまいます。

そこで靴をしまうと同時に、上着を一時置きできるスペースがあると、リビングに上着が散らかる状況を避けることができますし、外出時もクローゼットまで上着を取りに行かなくてもシューズクローク内にあるのでスムーズに外出できます。これからは動線に配慮しながら、便利で多機能なシューズクロークが求められると思います。

PostHeaderIcon 洗面室の収納

洗面室には収納しておきたいものが意外と多いです。タオル類はもちろんのこと、洗濯機を設置することから、洗濯関連用品も収納しておきます。洗剤などのストック品だけでなく、浴室で使用するシャンプーやボディーソープのストック品までも収納しておきます。

それだけでなく、下着や部屋着、パジャマまでもこの洗面室に収納しておくと便利なのです。例えば帰宅時、洗面室で手を洗います。そして部屋着に着替えることも多いと思いますが、洗面室にこの部屋着を収納しておけば、二階のクローゼットまで取りに行く必要がなくなります。手洗いと同じ場所で移動することなく、部屋着に着替えられれば住宅内の無駄な動きを省くことができます。
また入浴前の下着の準備や、パジャマの準備をし忘れても、必要な物が脱衣所に揃っているので便利です。広さに余裕のある家庭ではここにファミリークローゼットを設けてもいいと思います。洗面室でお化粧をしたり、ヘアセットをしたりと身だしなみを整えます。その場所と同じ空間に衣類までも収納しておけば、トータルコーディネートができ、外出を今までよりスムーズに行うことができるのです。洗面室の収納を充実させることで暮しをより豊かに感じることができるようになります。

以前は洗面室の広さの平均が1坪でしたが、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が人気となっています。やはり住宅への満足度を高めるには、収納が大きな鍵を握っているのだと改めて感じます。

PostHeaderIcon リビング収納

住宅の中で家族が長時間くつろぐ場所はリビングです。リビングは人が集まる場所であるだけに必然的に物が集まる場所でもあります。

リビングの床に持ち歩いたカバンが置いてあったり、着ていた上着がソファの上に置いたままの状態になっていることはありませんか。子どものおもちゃが散らかっていたりしていませんか。家族がくつろぐリビングに物が溢れてしまってはリビングの快適性を欠いてしまいます。最高にくつろげて落ち着けるリビングにするには物が散らからない環境を整えておく必要があると思います。

そこで我が家はリビング収納を設けることにしました。このリビング収納には家族みんなが持ち歩くカバンを一時置きできるようにします。子どもの幼稚園カバンやランドセルなどもここに置いておくことで、必要な時はサッと取り出せるので便利です。

また着ていた上着も一時置きできるようにポールを設けて掛ける収納スペースも確保します。家に遊びに来た友人達の上着も掛けておけるので便利です。子どものおもちゃもこのスペースに収納します。遊ぶスペースに収納スペースがあることで自分で出して自分できちんと片づけるという習慣を身につけるにもいいと思います。
またティッシュなどの日用品までも収納しておけるようにすることで必要な時にサッと取り出せるので便利です。

またリビングは汚れる場所でもあります。お菓子の食べこぼしなどで掃除機を使用する機会も多いです。掃除機もこのリビング収納にあると便利だと思います。
これらをリビング収納にしまい、なおかつ見えないようにすることでスッキリと居心地のいいリビングを作りだせることと思います。

PostHeaderIcon 収納上手になろう

家の中が片付かない原因が三つあります。

その一・・・大切にしているつもりが、死蔵になっている
    自分にとって必要かどうかの基準を作ります。たとえば3年間着なかった服や
    決めた数以上のものは捨てる。買うときは必要性とともに、収納場所も考える。
    年一回は、要、不要をチェックする日を設けるなどで解決します。

その二・・・物の収納場所が決まっておらず、物が分散、行方不明になっている。
    物を内容別に分類し、使う場所に使う物、を基本に、物の指定席」を決めるとで
    出しっぱなしがなくなり、物の量も把握できて無駄な買い物も減ります。

その三・・・収納場所が、出しにくい、しまいにくい、使いにくい。
    使いにくさに慣れてはいけません。使う頻度と、収納場所の使いやすさを連動
    させ、良く使うものは手前に、使わないものは奥にというように収納します。収
    納場所や収納方法は、固定観念にとらわれずアイディアで自由に考えます。

これらを収納の手順としてまとめてみましょう。

まず、物を総チェックして、いるもの、いらないもの、迷うものに分けます。
そしているものは、使用頻度別にさらに分け、収納場所を決定します。出したら元に戻す習慣を徹底しましょう。
いらないものは処分しますが、ただ捨てるだけでなく、今の時代、リサイクルやオークションなどで必要な人に使ってもらう方法もあります。資源保護の観点からも、検討してみましょう。
迷ったものは未決ボックスなどに保管し、後で考えてもきっと迷うので、期限を定めて処分の決断をしましょう。

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes