PostHeaderIcon リビング階段で気になること

最近非常に多く取り入れられているのがリビング階段です。今までは玄関近くに設けられていた階段ですが、最近ではリビング内に設けられることが多くなっています。階段の種類によっては、階段がリビングのインテリアの一部として存在しているものもあり、階段にオシャレさやデザイン性が求められるようにもなっています。

リビング階段のいい所は、家族のコミュニケーションを大切にできることです。玄関近くに設けられた階段では、子ども達が帰宅して直接二階の自室へ行くことができます。親は子どもがいつ帰宅したのか分からなかったり、気づいたら外出していたということもあったのです。しかし、リビング階段ならこのような状況を避けられます。家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の自室へは行くことができません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出され、会話も生まれやすくなるのです。会話がなくても親は子どもの表情を伺うことができるため、ちょっとした変化にも気づいてあげやすくなります。リビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータがあるほどです。

このような魅力がある一方で、子どもが成長すると子どもの友達が遊びに来る機会も増えますし、子どもには関係のない親の知り合いが家に遊びに来る機会もあります。このような場合、リビングで家族とお客様が顔を合わせてしまい、互いに気まづさを感じてしまうこともあるのです。この状況を避けるには、リビング階段を設ける際には、リビング入ってすぐの位置に階段を設けておきます。そうすればリビング入ってすぐ二階へ上がることができます。

また、階段への動線部分とリビングとの境に木の格子を設けて、互いの視線を緩やかにカットできるようにしておきます。空間の繋がりや明るさを確保しながらも、気になる視線がカットできるので気まづさを感じにくくなるのです。このことに注意してリビング階段を設けましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2018 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes