PostHeaderIcon 二つの玄関

我が家は玄関の動線を二つに分けました。玄関の動線を分けることでメインのお客様用玄関を常に美しく保ちやすくなります。そして、急なお客様にもスムーズに対応しやすくなるのです。そして、今まで靴や物を取り出すことはしても、しまうことをしなかった子ども達も自分できちんと靴や物を片付ける習慣が身につけられるのです。

メインの玄関の横に設けた家族用の玄関は収納力たっぷりのシューズクロークを設けています。天井いっぱいに広がる可動オープン棚はL字型に設けられており、家族の靴を大容量に収納できています。靴だけでなく子ども達の屋外用おもちゃや工具、アウトドア用品や洗車用品なども棚にきれいに整理できています。オープン棚なのでどこに何があるかが一目で把握でき、出し入れもスムーズに行えます。

そして土間収納スペースも設けています。ここには大きさのあるベビーカーや三輪車、旦那さんの趣味のゴルフバックなどを整理することができています。子ども達が成長すれば部活用品などを収納するにも最適です。ここは屋外で使用して汚れていてもサッと片づけられるので非常に便利です。屋外で使用した物を棚や土間収納にしまい、履いていた靴をしまいそのまま室内へスムーズに入ることができるので子ども達も物や靴をしまうという習慣が自然と身につけられたのです。

行き止まりのシューズクロークだとシューズクロークにしまい、再び玄関へ戻り室内へ入らなければならず無駄な動きが増えてしまいます。そのため収納力のあるシューズクロークがあっても靴や物をしまうのがつい後回しになってしまいがちなのです。収納力と動線のスムーズさをしっかりと確保して美しい玄関を保てるようにしましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2018 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes