PostHeaderIcon 家事動線

住宅の間取りを決める際に、専業主婦である私が重視したのが家事動線です。家事には365日休みがありません。我が家にはまだ目の離せない小さな子どもがいるので、家事と育児の両立のしやすさというのも重要なのです。家事動線を考える上で最も重要な動線が、キッチンと洗面室です。

キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行うことは多いです。同時に2種類の家事を行うこともあるだけにこれらの動線はできるだけ短く、そして行き来のしやすいようにしておきたいものです。そこで我が家はキッチンの真横に洗面室を設けました。2、3歩で互いの空間を行き来でき、横移動なので移動のしやすさも高まっています。同時に2種類の家事を行っても負担なく行えるので家事の時短も実現できています。

そして一日三度もある食事の支度。これにはキッチンとダイニングの動線が重要です。これもキッチンの真横にダイニングを設けました。キッチンの真横にダイニングを設けたことで、配膳しやすいですし、食後の片付けもしやすいのです。ダイニングテーブルを作業スペースとして利用することもでき、親子でクッキングするにも重宝しています。家族にとってもキッチンの存在をより身近に感じることができるため家族が積極的にお手伝いしてくれるようにもなりました。

洗面室・キッチン・ダイニングと横一直線で繋がることで家事動線がコンパクトで家事の効率も高まっています。キッチンからはリビングやダイニング、そしてリビングに隣接する和室にまで目が行き届くので育児との両立もしやすいです。家事を負担なく行うようにするには家事動線を重視しましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes