PostHeaderIcon 和室の活用法

日本人なら大切にしたい空間があります。それは畳の和室です。フローリングにはない居心地の良さがあります。最近では、日本ではソファに座る習慣も身に付いていますが、以前はソファに座るよりは床や畳に座り込むことの方が当たり前でした。休憩する場所として最高の居場所となる畳の空間は、身体をゴロンと倒して昼寝するにも最適の場所なのです。い草の香りを楽しみながら過ごす時間も今では贅沢な時間のようにも感じられます。

最近では住宅の洋風化が急速に進んでいます。和室に求められることは、純和風の空間よりも洋風リビングとの調和のとれた和室であることです。琉球畳を取り入れモダンでスタイリッシュな和室を求める人が多いのです。特に最近では、LDKの一体感を大事にした空間造りが人気です。その一体感のあるLDKのリビングに隣接した和室が設けられることが多いのです。普段はリビングと和室の境の建具はオープンにして、リビングの延長として和室を利用するのです。リビングにより広さを与えてくれますし、空間的開放感もたっぷりです。

リビングに隣接した和室にすることで多目的に使用できる便利な空間として存在してくれるのです。子どもの遊ぶスペースや昼寝のスペースとして活用しても、LDKからしっかり目が届くので安心できます。建具で和室を区切ってしまえば、和室を個室として宿泊ルームとして利用できます。今までは玄関近くに独立した和室が設けられることが多かったです。客間として利用するには独立型の和室があると便利です。しかし客間にお通しするお客様は少なく、気心知れた友人が来ればリビングに案内するものです。和室を客間として利用しなくなったことで、リビングと隣接した和室が人気となっているのかもしれません。和室をどのように利用させるかで間取りも変わってくるので、まずはそこを明確にしておきましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes