PostHeaderIcon 素材を大切にした家造り

我が家の家造りでは素材にこだわりました。素材にこだわることで割高にはなってしまうのですが、その分、快適性の高い住宅となりますし、長期に渡って住み継がれる丈夫な家を手に入れることができるのです。

まず床や階段、柱などいたるところに無垢材を取り入れました。無垢材は木の本来の温もりを見て感じ、触れて実感できるのです。無垢材は木目の美しさが見ているだけで癒されますし、夏はサラサラの肌触りで、冬はほのかに暖かさを感じられるため一年を通して裸足で過ごしたくなるほどなのです。合板のフローリングでは絶対に味わうことのない感触なのです。合板フローリングは、夏はペタッと張り付いたような感触で、冬はヒヤッと冷たくて裸足で歩くことさえできないのです。この差を実感すると少々割高な素材でも無垢材を使用して良かったなと感じるのです。

そして壁は漆喰にしました。これは調湿効果に優れています。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。一年を通して快適な室内へと導いてくれるのです。また室内の嫌なにおいまでも吸着してくれます。それだけでなく、人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着してくれる効果もあるのです。そこで暮らす家族の健康をしっかりと維持できる家へとなるのです。

無垢材にしても、漆喰にしてもどちらも割高な素材ではあるのですが、その分得られる魅力もたくさんあると思います。最近ではシックハウス症候群に悩まされる人も多いので、後悔のない人生最大の買い物をするのは、素材にこだわり、住まいの快適・安全をしっかり維持できるようにしておきたいものです。

Comments are closed.

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes