Archive for 10月, 2015

PostHeaderIcon 屋根裏スペース

屋根裏というデッドスペースを活用して収納スペースを設けたり、趣味部屋にする人は多いです。住宅の満足度はデッドスペースをいかに生まず、空間を最大限に有効活用できるかということに尽きると思います。住宅内に生まれるデッドスペースの一つでもある屋根裏。我が家はこのデッドスペースを利用して屋根裏収納を設けました。このような収納があると雛人形に兜、鯉のぼりなど季節もののアイテムや、使わなくなった子どものおもちゃ、また子どもが成長するに連れ増えて行く、捨てたくても捨てられない物の収納に役立ちます。

これらを収納するスペースを確保しておくことで、通常の収納スペースを有効的に使えますし、居住スペースに物が散らかりにくくもなります。我が家は基本的に子ども達のものをこの屋根裏に収納することから、子ども部屋に屋根裏収納を設けました。この屋根裏スペースを利用する時は、そこへの行き来をどのようにするかというのが重要です。我が家はハシゴで行き来をします。ハシゴで行き来するのは重たい物や大きさのある物の出し入れには不向きです。また我々が高齢になった時は、ハシゴで行き来して物を取り出すというのは体に負担がかかってしまいます。

屋根裏スペースをより充実させ、安心して行き来ができるようにするには固定階段で行き来ができるようにしておくといいのです。物の出し入れもしやすくなりますし、収納スペースとして利用するのではなく、趣味部屋や寝室など多目的に使用できる空間となるのです。屋根裏スペースを利用して満足度の高い家にしてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes