Archive for 6月, 2012

PostHeaderIcon コモンスペースのある賃貸

ワンルームマンションでありながら、人とのつながりを保って生活を楽しめる賃貸暮らしのスタイルが今、若い層から広がりをみせているようです。

マンションの中に個人の居住スペースとは別に住人間で共有するスペースを持つというのが、コレクティブハウス型賃貸マンションと呼ばれるものです。もともとコレクティブハウスというのは、分譲マンションのように売主側がプランニングをするのではなく、ひとつの土地を共同で購入し、設計の部分から自分たちで参画するというものです。建物の中にはプライベートスペースとコモンスペースがあり、キッチンやリビングをコモンスペースとするプランから、ラウンジスペースや菜園スペースをコモンスペースとし、キッチンは各プライベートスペースに設置とするプランなど、コモンスペースとプライベートスペースの配分には特に決められたものはありません。

マンションなど共同住宅にありがちなのが近隣との希薄な関係です。コレクティブハウスのコンセプトは、住人間のコミュニティを大切にし、共に支え合うことにあります。

コレクティブハウスの形式が賃貸として採用されることで、ワンルームマンション生活に共同生活の要素が加味されます。コモンスペースでコミュニケーションを図ることで、まったく違った分野の人からの刺激をもらえるのもメリットですね。

震災以降、一人暮らしに不安を感じている人が増えたといいます。このようなコモンスペースのある賃貸マンションでの暮らしは、見知らぬ隣人と暮らすマンションより安心だと感じるのではないでしょうか。そう考えるとこれから発展していく賃貸の新しい形なのかもしれないですね。

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes