Archive for 9月, 2010

PostHeaderIcon 中古物件購入とリフォーム

前回では中古マンションを選びのポイントについていくつか書きましたが、今回も中古マンション・中古住宅の購入またそれに伴う購入物件のリフォームについて考えてみたいと思います。
中古マンションや中古住宅物件を購入する場合には実際に購入する建物の金額と不動産購入に係わる諸費用、不動産会社に支払う仲介手数料や引っ越しなどに費用がかかります。
そこに中古マンションや中古住宅を購入後のリフォームを行うことが多いのでリフォームにかかる金額も計算に入れて考えておきましょう。
物件探しを依頼する不動産会社の親会社やグループ会社にリフォーム工事を行う部署があれば中古マンションや中古住宅を探す際にリフォームの相談・提案も行ってくれることでしょう。
中古マンションや中古住宅などの中古物件の売買金額は物件の状況が大きく反映されます。
中古マンションの場合は建物の外観、室内の状況、付帯の住宅設備など現況が様々あります。
基本的には中古マンションや中古住宅は売買の成立後に現況で引き渡しになります。
そのため物件の申し込みや購入をする前にどの程度の建物の痛みに対するリフォームや住宅設備の入れ替えにどれぐらいの金額がかかるか把握しておくことが大切です。
大半の場合、キッチンの入れ替えやクロスの張り替えなど必要だと思います。
また築年数にもよりますが
中古住宅の場合は風呂場をタイル張りからユニットに入れ替えるなどの改修・改装が必要になる場合もあるため
しっかりと予算立てについて不動産会社やリフォームを行う工務店と打ち合わせを行っておきましょう。

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes