Archive for the ‘住宅ローン’ Category

PostHeaderIcon 住宅ローン

住宅ローンを組むにあたり、借りられる額はいくらかということばかり考えてはいませんか。借りられる額が気になる場合、目安になるのは年収をベースにした借入限度額であり、総返済負担率を使って計算すれば簡単に知ることができます。

しかし、ローンを組む際に最も大切なのは、借りられる額ではなく、実際に返せる額を把握することなのです。借りられる額は、実際に返せる額とイコールだと考える必要があります。返せる額を決める方法として一般的なのは、住宅ローンの年間負担率を多くても年間手取り年収の30%以内におさえることです。ただし、教育費などがかかる場合は25%以内が理想です。また、住宅ローンの金利と返済期間によっては、借りられる額も変動していくので注意が必要です。

さらに、将来の不測に備え住宅ローンにはボーナス返済を組み入れない方がいいかもしれません。自分は安定しているという人でも何があるかはわかりません。できるだけ頭金を多く入れることで借入総額を減らし、住宅ローンを組むことが将来を楽にするための賢い住宅ローンの組み方でもあるのです。

夢のマイホームを購入したが、外食や旅行などのレジャーを楽しむ余裕がなくなり、住宅ローンの返済に追われる日々では、心の底からマイホームを楽しむことにも繋がりません。今までように外食や旅行、趣味などを楽しむ金銭的余裕を持ちながらも、無理なく住宅ローンを返済していけるようにしておきたいものです。大きな金額の買い物となるだけにしっかり予算化してかしこい住宅ローンの組み方をしましょう。

PostHeaderIcon 住宅ローンについて

新築の家を建てるためや中古住宅や中古マンションなどの不動産物件を購入するために家造りを依頼する住宅メーカーや不動産会社と打ち合わせを何度も行うことだと思います。
打ち合わせを繰り返していく中で自分や家族が納得する新築での家造りや不動産物件が見つかった場合に次に考えるのは住宅ローンの申し込みだと思います。
住宅ローンを借りる場合には銀行などの金融機関や場合によっては住宅会社や不動産会社を通じて住宅ローンの借り入れの申し込みをします。
銀行などの金融機関に住宅ローンの相談に行った場合は借り入れの5年または10年の当初一定期間だけ特別優遇低金利の変動金利型の住宅ローンをみなさんに勧めてきます。
金融機関の優遇金利で計算すると月々の返済が非常に抑えられた返済額になるので非常に魅力的に感じますが、
優遇期間が終わった後の市場金利がどのように変化するかははっきりしません。
今は低金利の状況なので心配しなくてもと思う方が多いと思いますが、住宅ローンを35年などの長期間を変動金利の住宅ローンで組むことは非常にリスクを伴うことだと思います。
不況といわれる現状から景気が回復すれば必ず金利も上昇することになりますが、その上昇に伴って収入がすぐに増えるということは考えにくいと思いませんか。
そう考えてみると当初5年から10年の一定期間は変動金利の住宅ローンよりも月々の支払額が多いとしても全てのローンの返済が済むまで一定額の固定金利の方が安全だと思います。
月々の支払いが一定だとお子さんの成長に伴う就学などの出費に対しても家計の支出も計算しやすくなります。
無理なく最後まで返し終えることを考えて住宅ローンの借り入れを考えましょう。

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes