Archive for the ‘中古マンション’ Category

PostHeaderIcon 不動産物件を探すために。

中古住宅、中古マンション、土地などの売買物件や賃貸アパートや賃貸マンション、貸し店舗などの賃貸物件を探す場合に必ず不動産会社が関係してきます。

不動産会社を通さずに個人間での売買や賃貸物件などの契約を交わすこともできるのですが、その後のトラブルなどを考えるとやはり不動産会社を挟んで契約することが安全だと言えます。

私の友人が学生時代に品川区で賃貸アパートを直接大家さんと契約を結んで住んでいたそうですが、卒業を機に退去する際に部屋の傷みが激しいとか、原状回復のために多額の修繕費を請求されたりだとか大変だったそうです。

その後品川区の不動産会社が仲介する賃貸物件に移り住んで、数年後に転勤で引っ越しをする際にはきっちりと不動産会社が整理してくれたそうです。

不動産物件の売買、賃貸の契約では思わぬトラブルが発生するのでよく考えておかなければいけませんね。

また新築のための土地探しなど、自分でも見に行ける物件であっても、しっかりと調べなければ分からない土地の境界や給排水の状況などもあるので、不動産会社の営業など面倒くさく感じてもやはり不動産会社を通して調べることが大事になってきます。

PostHeaderIcon 物件の周辺環境について

賃貸物件や中古マンションや中古住宅などの不動産物件や一戸建てや注文住宅などの新築を建てるための土地を探す場合に大切な事の一つとして周辺環境について考えましょう。
新築や不動産物件の購入は一生に一度の大きな買い物となるので建物そのものに気をとらわれがちになります。
しかし永く住むための家なので物件の立地や周辺環境、住環境も大切な事です。新築のための土地探しや中古住宅、中古マンションなどの不動産物件探しの希望条件や要望の一つとして考えるようにしましょう。
建材を販売している友人も周辺環境には気をつけたほうがいいと言っていました。
生活するための生活施設や交通機関などの利便性についてですがまず考えられるのはスーパーやコンビニエンスストアーなど日々の買い物に使う商業施設や銀行、お子さんがいる方の場合は学校や役所などの公共施設が考えられます。
また通勤や通学でバスや電車を使うことを考えている方については土地や物件からバス停や駅がどれぐらいの近さかということも考えておきましょう。
しかし近くに生活施設が充実していればいいというわけでもありません。
スーパーやコンビニエンスストアーなどが近くにある場合は日常の買い物に便利ですが常に人や車の出入りも多いわけですし、病院などは夜間救急、駅近くの場合だと夜の便の電車の騒音などが気になる場合も考えられます。
どのくらいの距離にどういった施設があるのが最適かということを考えながら中古マンションや中古住宅、土地などの不動産物件探しを行っていくようにしましょう。
また周辺環境に関しては一日の時間帯や土日、祭日などによって大きく変わることもあるので状況の確認が必要かと思います。

PostHeaderIcon マンションの防犯性について

明けましておめでとうございます。
信州一発目は不動産物件の賃貸や中古マンション物件の防犯性について考えてみたいと思います。
最近の賃貸物件や新築のマンション物件ではオートロックシステムやテレビモニター付きインターホンなどの住宅設備機器が付いていて、防犯を意識した物件などが増えてきています。
また滋賀で中古住宅を購入した知人はリフォームの際に、いくつかの部分に防犯を意識した設備などを滋賀のリフォーム会社に依頼したそうです。
特に女性の一人暮らしも増えてきているので防犯性を意識した物件は人気物件となります。
しかしここで注意したいのはオートロックシステムです。
オートロックシステムはマンションの居住者がインターホンの通話や映像で来訪者を確認して自動ドアを開き、マンション内に入館させるようになっているシステムです。
不要な入館を防止するための設備なのですが、最近では居住者や他の来訪者の後について入館するという不審者や泥棒の手口が増えています。
そのためオートロックシステムが付いているからといって油断して鍵をかけないマンション居住者の方が意外と多く、その状況をついての犯行があると言われています。
また近頃ではオートロックシステム付きのマンションに限らず、
戸建ての集まる住宅街でも近隣の方とのコミュニケーションを取らないようになっているため、不審者の徘徊や周囲の変化にも無頓着になっているようです。
地域での交流やお隣さんご近所さんとのつながりが防犯に関して大きな効果であると言えます。
防犯の意識は住宅や物件に求めるのではなく一人ひとりが常に心がけていることが重要だと言えます。

PostHeaderIcon 中古物件購入の利点

今回は中古マンションや中古住宅などの中古物件を購入する利点について考えたいと思います。
新築で注文住宅や一戸建ての新築住宅を建てることが家造りだと思っている方もいると思いますが
中古住宅や中古マンションなどの不動産物件を購入することも立派な家造りだと思います。
新築の註文住宅で建てないと家の間取りや希望条件、こだわりを反映した家はできないと感じている方がいると思いますが、
中古住宅や中古マンションの物件でもリフォームや大規模な改修・改装リノベーションを行えば間取りやこだわりの空間を作ることは可能なのです。
なにより新築の住宅を建てる場合大多数の方が土地探しも同時に行うわけですが、立地や土地の性質、周辺環境など様々な事を考えながら土地を探しその土地に合せての建物プランも考えなければいけません。
その点、中古住宅や中古マンションの場合、建物と土地自体は探せば確保されていることになるので後はリフォームやリノベーションのプランについて力を注げばいいのです。
また新築住宅に比べて中古物件の購入の方がはるかに安く物件を購入することができるので、あとはリフォームやリノベーションにかかる金額だけ注意しておけば良いわけです。
リフォームやリノベーションに金額をかけすぎると最終的に新築マンションなどを購入するのと変わらない金額になる場合もあるので気をつけましょう。
また中古住宅や中古マンションを購入してリフォームを行う場合は新築で住宅を建てるよりもはるかに早く入居することができるのでそれも一つの利点だと思います。

PostHeaderIcon 中古物件購入とリフォーム

前回では中古マンションを選びのポイントについていくつか書きましたが、今回も中古マンション・中古住宅の購入またそれに伴う購入物件のリフォームについて考えてみたいと思います。
中古マンションや中古住宅物件を購入する場合には実際に購入する建物の金額と不動産購入に係わる諸費用、不動産会社に支払う仲介手数料や引っ越しなどに費用がかかります。
そこに中古マンションや中古住宅を購入後のリフォームを行うことが多いのでリフォームにかかる金額も計算に入れて考えておきましょう。
物件探しを依頼する不動産会社の親会社やグループ会社にリフォーム工事を行う部署があれば中古マンションや中古住宅を探す際にリフォームの相談・提案も行ってくれることでしょう。
中古マンションや中古住宅などの中古物件の売買金額は物件の状況が大きく反映されます。
中古マンションの場合は建物の外観、室内の状況、付帯の住宅設備など現況が様々あります。
基本的には中古マンションや中古住宅は売買の成立後に現況で引き渡しになります。
そのため物件の申し込みや購入をする前にどの程度の建物の痛みに対するリフォームや住宅設備の入れ替えにどれぐらいの金額がかかるか把握しておくことが大切です。
大半の場合、キッチンの入れ替えやクロスの張り替えなど必要だと思います。
また築年数にもよりますが
中古住宅の場合は風呂場をタイル張りからユニットに入れ替えるなどの改修・改装が必要になる場合もあるため
しっかりと予算立てについて不動産会社やリフォームを行う工務店と打ち合わせを行っておきましょう。

PostHeaderIcon マンション物件探しについて

今回は不動産物件の中古マンション物件を探すことについてお話ししてみようと思います。
中古マンション物件を探す場合にみなさんは何を中古マンション物件に求める希望条件ににしているのでしょうか。
多くの方がマンション物件の築年数・外観・内装・設備など様々な事を考えることだと思います。
また最近では中古マンションを購入する場合はリフォームを行うことも考えている方も多いようです。
中古マンションを購入した場合にリフォームを行う場所は洗面台やお風呂・キッチンが多いようです。
その他ではクロスや壁紙の張り替え、給湯器やエアコンなどの設備の入れ替えも多いようです。
中古マンションのリフォームしたい個所は切りがないほど出てくることだと思います。
しかし物件購入価格とリフォームに必要とする工事費用を考えた時にお買い得な物件を買ったという値ごろ感が失われないように購入資金と工事費用のバランスを考えなければいけません。
また中古マンション物件を探す場合に押さえておきたい一つのポイントは収納が充分にあるかどうかです。
中古マンション物件は中古住宅物件と比べて収納が少なめで、マンション物件の内覧をして広い物件だと感じても、家具などが入れば感じも変わってくるはずです。
下手をすれば少し手狭な感じを受けることもあります。
物件の間取りや広さと持ち込む家具家電などの大きさと量もしっかりと把握しておくようにしましょう。
新しく物件を購入して移り住む人の大半が家電製品などを買い替えると言いますが今現在の家具家電の量と物件購入時に改めて購入する商品の大きさなどを考えて、
どこに何を置くというイメージをしておく事が必要です。

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes