Archive for the ‘賃貸’ Category

PostHeaderIcon 資産価値のある街

  品川区不動産情報をみていると、分譲貸しマンションが増えていることに気づきました。

 わたし自身、分譲貸しマンションには、前々から興味があります。賃貸でありながら分譲マンションの贅沢な仕様や設備を手にいれることができるからです。大きな借金を抱えてマンションを取得するというリスクがない分、少々の家賃の高さは否めないものだろうというのが、わたしの考えでもあります。

 しかし、品川区の分譲貸しマンションの詳細をよく見てみると、どうやら定期借地権付きの分譲マンションである場合が多いことに気づきます。この定期借地権付きマンションというのは、土地は地主が所有し、その土地に建てる建物は購入者が共同で所有するというものです。たいていの場合で50年以上の土地賃借契約となります。通常の分譲マンションは土地と建物の両方を共同所有することになるので、その分分譲価格が高いのですが、定期借地権付き分譲マンションなら、分譲価格が抑えられているわけです。

 そうなると、分譲貸しマンションとして購入した部屋を第三者に提供すれば、おのずと収益率があがるわけです。

 こうしたトリックが資産運用として、購入者たちを掻き立てているのでしょう。セカンドハウスとして住宅ローンを組んだとしても、借り手がつけば毎月の住宅ローン支払い額より、賃貸収入のほうが上回るのですから、それはおいしい話なのかもしれないですね。

 借りる側としても、交通の利便性のよい品川で分譲マンション暮らしを賃貸として送れるのであれば、決して悪い話ではありませんね。実質的には儲けさせているわけですが、どのマンションに住んでも同じような賃料であれば、設備の充実したマンションで暮らしたほうがよいと考えますよね。

PostHeaderIcon 耐震性と賃貸

  娘が4月から北海道で就職することになり、しばらく離れて暮らすことになるので部屋探しを兼ねて北海道を旅行してきました。

 世界遺産の知床の船めぐりや、旭山動物園にも足を運びひさしぶりに娘とふたり楽しい時間を過ごせました。

 今回の目的は娘がこれから暮らすための部屋探しです。札幌賃貸を借りる予定にしているので、札幌市内の不動産屋をたずねました。

 札幌市内に住めば何も不自由することなく暮らせる環境にあると、初めて訪ねたのですが、そういう印象を受けました。

 今はちょうど寒い時期ということもあり、賃貸でも温かく過ごせる部屋であること。それからこれはわたしの達ての希望なのですが、耐震性がしっかりした賃貸マンションを望んでいます。東北で大きな地震があったところですし、北海道でも被害はあったことを報道で目にしていました。遠く離れて暮らすことになるので、やはり災害のことがいちばん心配なのです。なにかあってもすぐに駆けつけることができない距離というのが、非常にもどかしいのです。

 賃貸住宅では、なかなか耐震や免震を求めるのは難しいのか、そこを前面に押し出して宣伝しているようなマンションは、高層マンションや高級マンションとなっており、賃料がずば抜けて高くなります。

 築浅の比較的新しいマンションを中心にあたることにしました。昼間は仕事、帰ったら食事して入浴と睡眠がメインの暮らしです。長い時間を自宅で過ごすわけではないので、最低限の広さがあればそれでいいと娘はいいます。そんなものなのでしょうか?

 ひとり暮らし用の部屋としては、ワンルームでユニットバス、ミニキッチンと家具、エアコン付きの部屋が人気だと不動産屋の方もおっしゃっていました。

 娘の希望に沿って、今どきのワンルームマンションで契約を済ませてきました。

PostHeaderIcon 高齢者向け賃貸住宅

  先日、友人と食事をしている時に聞いた話です。

 友人の祖母は古い賃貸住宅でひとり暮らしをしていたそうですが、足腰が弱くなってきたこともあり、段差の多い住宅でのひとり暮らしは危険が多いということでした。家族で話し合った結果、札幌賃貸で高齢者向けに提供している物件があることを知り、今はそこに移られ生活されているそうです。

 高齢化社会が進んでいくこれからの日本において、高齢者向け賃貸住宅は益々展開されていくと思われます。

 ちなみに友人の祖母が入居された高齢者向け賃貸住宅は、家賃と管理費と共益費が基本で入居一時金のようなものは発生しないようです。通常の賃貸住宅を借りるのとなんら変わりません。各居室にはバストイレ完備でミニキッチンもついています。

 高齢者にとって安心のサービスとして、緊急時に備えて寝室・浴室・トイレの3ヶ所に緊急コールが設置されています。マンションテナントに内科と薬局があり、札幌市内の病院や特別養護施設ともリンク体制がしかれているので、万が一の時には安心であるといいます。また、有料のサービスになりますが、1日3食の食事の提供もおこなっており、栄養士がきちんと献立管理しているので、栄養バランスもよく健康に気を使われています。

 その他、コモンスペースとなるラウンジや大浴場が完備されています。入居者同士のコミュニケーションを深めることができるので、一人暮らしでありながら孤立することはありません。

 友人宅のようにやむ終えず同居できない事情を抱える身内にとっては、とても安心できる高齢者向け賃貸住宅なのではないでしょうか。

PostHeaderIcon 一戸建ての賃貸住宅

 大分で中古住宅を購入したものの、急な転勤で引っ越さざるを得なくなった友人は、その家を一戸建ての賃貸住宅として貸し出しています。幸いにして借り手も見つかったことで、転勤の間の住宅へのいたずらなどの心配はひとまずなくなりました。

さて友人が心配しているのは、住宅設備の問題です。

家を買う前はアパート住まいでしたが、住宅設備の故障などが起きた場合、すべて大家さんの費用負担で直してもらっていたのだそうです。

そして今、自分が家を貸している「家主」の立場になり、もし住宅設備が壊れた場合は、借主と家主、いったいどちらが修繕費用を負担するのかと悩んでいます。

友人は家を貸す際に、不動産屋さんに間に入ってもらったので、おそらく借主と仲介人との話になるのでしょうけど、一般的にはどちらが負担するものなのでしょう。

万が一、借主が住宅設備を壊してしまった場合、まずは物件を管理しているところに連絡します。住宅設備の自然故障の場合は、大家さん負担が普通のようです。が、誤って壊してしまった場合は借主の負担になるようです。どっちの立場でもお金は出したくないものです。この辺は契約書にもよりますが、だいたい常識の範囲で考えて、過失のあるほうが修繕に費用を負担する……というふうに、考えてよさそうです。

中には入居時に加入する火災保険に、こうした設備を壊した場合の保証がついていたりすることもあります。

家主も借主も、賃貸住宅であれこれ悩む前に、まずは物件の管理してくれている不動産屋さんに相談するのが一番よさそうです。

PostHeaderIcon これからの賃貸住宅の在り方

  時代に合わせて賃貸住宅の形も少しずつ様変わりをみせてきていることがわかりました。

 空き部屋を作らないためには、建物の補修や思い切ったリノベーションというのは不可欠となっています。

 場所や地域によっては分譲マンションに圧され賃貸住宅は苦境に立たされているということがあります。この状況を打破するためには更なる投資が必要となりますが、結果スタイリッシュでモダンな賃貸マンションへと生まれ変わったことで、借り手が殺到するというパターンもあるようです。

 供給過多による借り手獲得の努力は今後進んでいくものと思われます。賃貸だから諦めていた設備や内装、間取りといった部分を妥協しなくていい。そんな物件がでてきていることも事実です。

 これからどんどん住む人のニーズに合ったハイセンスな賃貸住宅が増えていけば、高額の長期住宅ローンを組んで家を購入しなくても快適に過ごせる生活空間が実現できるという希望につながっていくと思います。

 最近は若い世代の住宅購入者が増えてきているといいます。不景気による低金利化や借入れ金額の上限設定が緩和されていることによる傾向だと思われますが、長い先のことを考えると年功制の給与体系であった時代とは異なることや今後の金利上昇を考えると住宅ローン難に陥る世帯が増える危険性が懸念されます。

 そう考えると戸建賃貸のような家族層が住みやすい新しい形の賃貸というのは大いに期待したい物件であるように思います。またコモンスペースを持つ住宅というのも海外ではごく普通にありふれた住宅の形であることから、国際化が進む日本ではこれからもっと栄えてもよいような気がします。

PostHeaderIcon コモンスペースのある賃貸

ワンルームマンションでありながら、人とのつながりを保って生活を楽しめる賃貸暮らしのスタイルが今、若い層から広がりをみせているようです。

マンションの中に個人の居住スペースとは別に住人間で共有するスペースを持つというのが、コレクティブハウス型賃貸マンションと呼ばれるものです。もともとコレクティブハウスというのは、分譲マンションのように売主側がプランニングをするのではなく、ひとつの土地を共同で購入し、設計の部分から自分たちで参画するというものです。建物の中にはプライベートスペースとコモンスペースがあり、キッチンやリビングをコモンスペースとするプランから、ラウンジスペースや菜園スペースをコモンスペースとし、キッチンは各プライベートスペースに設置とするプランなど、コモンスペースとプライベートスペースの配分には特に決められたものはありません。

マンションなど共同住宅にありがちなのが近隣との希薄な関係です。コレクティブハウスのコンセプトは、住人間のコミュニティを大切にし、共に支え合うことにあります。

コレクティブハウスの形式が賃貸として採用されることで、ワンルームマンション生活に共同生活の要素が加味されます。コモンスペースでコミュニケーションを図ることで、まったく違った分野の人からの刺激をもらえるのもメリットですね。

震災以降、一人暮らしに不安を感じている人が増えたといいます。このようなコモンスペースのある賃貸マンションでの暮らしは、見知らぬ隣人と暮らすマンションより安心だと感じるのではないでしょうか。そう考えるとこれから発展していく賃貸の新しい形なのかもしれないですね。

PostHeaderIcon 不動産物件を探すために。

中古住宅、中古マンション、土地などの売買物件や賃貸アパートや賃貸マンション、貸し店舗などの賃貸物件を探す場合に必ず不動産会社が関係してきます。

不動産会社を通さずに個人間での売買や賃貸物件などの契約を交わすこともできるのですが、その後のトラブルなどを考えるとやはり不動産会社を挟んで契約することが安全だと言えます。

私の友人が学生時代に品川区で賃貸アパートを直接大家さんと契約を結んで住んでいたそうですが、卒業を機に退去する際に部屋の傷みが激しいとか、原状回復のために多額の修繕費を請求されたりだとか大変だったそうです。

その後品川区の不動産会社が仲介する賃貸物件に移り住んで、数年後に転勤で引っ越しをする際にはきっちりと不動産会社が整理してくれたそうです。

不動産物件の売買、賃貸の契約では思わぬトラブルが発生するのでよく考えておかなければいけませんね。

また新築のための土地探しなど、自分でも見に行ける物件であっても、しっかりと調べなければ分からない土地の境界や給排水の状況などもあるので、不動産会社の営業など面倒くさく感じてもやはり不動産会社を通して調べることが大事になってきます。

PostHeaderIcon 賃貸物件探し2

前回に引き続き賃貸物件探しの話です。
賃貸物件での住まい探しには情報収集が不可欠だと思います。
賃貸物件の情報を調べるには不動産情報誌やインターネットでの不動産会社のホームページや物件の検索をして情報を集めることができます。。
またここ数年でパソコンや携帯電話が普及したためインターネットで手軽に数多くの不動産物件の情報を収集できるようになりました。
大分で中古マンションを借りた友人もインターネットを使って安く借りる事が出来ました。
そしてインターネット上でも物件の間取りや写真などが掲載された物件情報も増えています。
不動産情報誌は都道府県でそれぞれの情報をまとめたものや地域によっても周辺の賃貸物件情報を集めた情報誌やフリーペーパーが発行されていることがあります。
広告やチラシは地域を限定して作成されることが多いので住みたい地域が決まっている場合には参考となります。
住宅不動産情報の総合ポータルサイトは不動産会社から掲載依頼を受けた賃貸物件情報を集約したサイトで複数の不動産会社の物件情報を一度に検索して比較できるのが特徴です。
不動産会社のホームページや物件情報サイトは不動産会社が自社で取り扱っている賃貸物件を中心に紹介するサイトです。
多くの不動産会社のホームページではその不動産会社の営業エリアを中心に賃貸物件情報を見ることができます。
不動産情報誌やインターネットを使って賃貸物件を探すのは手軽で便利なのです。
しかし賃貸物件の情報収集をしたり、急ぎで賃貸物件を決めたいということであればのは不動産会社に物件探しの依頼をすることが一番の早道だと思います。
不動産会社に物件の依頼をした場合、インターネットや不動産情報誌では情報を入手できない賃貸物件を紹介してもらえることもあります。
特に地域を限って賃貸物件を探す場合にはその地域の地元不動産会社に物件探しの依頼をするのが一番だと思います。
ただ、私の友人のように大分から転勤で北海道の札幌の賃貸物件を探す場合などは、インターネットを有効に使って探せることは便利な時代になったと言えますね。

PostHeaderIcon 賃貸物件探し

今回は不動産物件のアパートやマンションなどの賃貸物件探しについてです。
この春から私の弟が転勤で三重に引っ越しをすることになったので、賃貸物件探しを始めました。
アパートやマンションなどの賃貸物件のお部屋探しを行う場合に物件探しの全体の流れを把握しておけば、満足ができる引っ越しができるのではないでしょうか。
賃貸物件探しをする前にいくつか決めておきたい事があります。
まずは自分や家族が住み替える賃貸物件に対しての希望条件を整理しておくことが必要です。
賃貸物件探しの条件とされるポイントがいくつかあります。
漠然とお部屋探しを始める前に自分や家族の希望条件とポイントを絞って探していきましょう。
アパートやマンションなどの間取りや建物の外観などは人による好き好きがあると思います。
しかし外観が良くても生活に必要な室内の住宅設備機器や環境などはよく考えておかないと後々後悔することになると思うのでよく考えてチェックしていきましょう。
また家族の人数に対して部屋数や必要な設備、間取りまた生活環境など様々なこだわりや希望があると思います。
賃貸物件は公団流し台が多いですが、システムキッチンの賃貸物件などもあります。
システムキッチンがいいならその希望条件を物件探しの依頼をする不動産会社に伝えられないと満足する賃貸物件を探すことはできません。
特にペット可の賃貸物件や楽器の演奏可など特殊な条件が可能な賃貸物件に関しては必ず不動産会社に伝えるようにしましょう。
その他の様々な賃貸物件への希望条件にも優先順位を付けておくようにしましょう。
希望条件を整理しないまま賃貸物件を探すと必要以上に時間がかかってしまうことがあります。
特に急遽の転勤などでは賃貸探しを行なう時間も限られていると思うので、希望条件の整理は必ず行うようにしましょう。

PostHeaderIcon 物件の周辺環境について

賃貸物件や中古マンションや中古住宅などの不動産物件や一戸建てや注文住宅などの新築を建てるための土地を探す場合に大切な事の一つとして周辺環境について考えましょう。
新築や不動産物件の購入は一生に一度の大きな買い物となるので建物そのものに気をとらわれがちになります。
しかし永く住むための家なので物件の立地や周辺環境、住環境も大切な事です。新築のための土地探しや中古住宅、中古マンションなどの不動産物件探しの希望条件や要望の一つとして考えるようにしましょう。
建材を販売している友人も周辺環境には気をつけたほうがいいと言っていました。
生活するための生活施設や交通機関などの利便性についてですがまず考えられるのはスーパーやコンビニエンスストアーなど日々の買い物に使う商業施設や銀行、お子さんがいる方の場合は学校や役所などの公共施設が考えられます。
また通勤や通学でバスや電車を使うことを考えている方については土地や物件からバス停や駅がどれぐらいの近さかということも考えておきましょう。
しかし近くに生活施設が充実していればいいというわけでもありません。
スーパーやコンビニエンスストアーなどが近くにある場合は日常の買い物に便利ですが常に人や車の出入りも多いわけですし、病院などは夜間救急、駅近くの場合だと夜の便の電車の騒音などが気になる場合も考えられます。
どのくらいの距離にどういった施設があるのが最適かということを考えながら中古マンションや中古住宅、土地などの不動産物件探しを行っていくようにしましょう。
また周辺環境に関しては一日の時間帯や土日、祭日などによって大きく変わることもあるので状況の確認が必要かと思います。

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes