Archive for the ‘新築’ Category

PostHeaderIcon 住宅の見学会

住宅を購入するときには色々不安を感じることがあります。
そういうときには住宅見学会に行ってみるといいのではないでしょうか。
山形で住宅を新築した親戚も、初めは何をしたらいいのか分からなかったためモデルハウスや見学会に行ってみたそうです。
住宅見学会といってもいろいろあります。
ハウスメーカーはモデルハウスを持っています。
ハウスメーカーというのは住宅を建てる会社の中でも規模が大きい会社です。
モデルハウスというのはうちの会社ではこのような住宅を建てることができますということをアピールするための見せるための住宅です。
そのためモデルハウスを見たときは自分もこのような住宅が欲しいと考えると思います。
そうやってモデルハウスを見ることで住宅造りに対してのモチベーションをあげることができるのではないでしょうか。
しかし、モデルハウス並みの住宅を建てようとすればお金のほうも相当にかかるので参考にする程度にしておいたほうがいいでしょう。
ハウスメーカーの住宅を建てるためには工務店で建てることに比べ、価格が高いのが気になるところです。
価格が高い理由としてよくいわれていることなのですが、こういったモデルハウスやCMなどの宣伝費や人件費などがたくさんかかっています。
そのお金は住宅の価格に上乗せされているといわれています。
モデルハウス以外には住宅完成見学会や構造見学会があります。
工務店が集客のために行っていることが多いです。
新築を購入した親戚も住宅完成見学会に何回も行ってみたそうです。
住宅完成見学会では人が住むために造られた住宅を見ることができます。
これが一番参考になるのではないでしょうか。
見るときには住む人のことも考えてマナーよく見学をするようにしたほうがいいでしょう。
見学会にいっぱい行ってみましょう。
住宅を建てるときには建材を自分で用意する施主支給といわれる方法で建てることもできます。
建材をアウトレットショップなどで仕入れることで通常よりも材料費を安くすることができます。
手間はかかりますが費用を抑えることができるので検討してみると住宅購入に幅ができるでしょう。

PostHeaderIcon 物件の周辺環境について

賃貸物件や中古マンションや中古住宅などの不動産物件や一戸建てや注文住宅などの新築を建てるための土地を探す場合に大切な事の一つとして周辺環境について考えましょう。
新築や不動産物件の購入は一生に一度の大きな買い物となるので建物そのものに気をとらわれがちになります。
しかし永く住むための家なので物件の立地や周辺環境、住環境も大切な事です。新築のための土地探しや中古住宅、中古マンションなどの不動産物件探しの希望条件や要望の一つとして考えるようにしましょう。
建材を販売している友人も周辺環境には気をつけたほうがいいと言っていました。
生活するための生活施設や交通機関などの利便性についてですがまず考えられるのはスーパーやコンビニエンスストアーなど日々の買い物に使う商業施設や銀行、お子さんがいる方の場合は学校や役所などの公共施設が考えられます。
また通勤や通学でバスや電車を使うことを考えている方については土地や物件からバス停や駅がどれぐらいの近さかということも考えておきましょう。
しかし近くに生活施設が充実していればいいというわけでもありません。
スーパーやコンビニエンスストアーなどが近くにある場合は日常の買い物に便利ですが常に人や車の出入りも多いわけですし、病院などは夜間救急、駅近くの場合だと夜の便の電車の騒音などが気になる場合も考えられます。
どのくらいの距離にどういった施設があるのが最適かということを考えながら中古マンションや中古住宅、土地などの不動産物件探しを行っていくようにしましょう。
また周辺環境に関しては一日の時間帯や土日、祭日などによって大きく変わることもあるので状況の確認が必要かと思います。

PostHeaderIcon 住宅メーカー工務店選びについて

注文住宅や一戸建てで新築住宅を建てるために一番頭を悩ませるのは家造りを依頼する住宅メーカーや工務店をどこにするかということでしょう。
先ずどんな住宅メーカーや工務店がどんな家造りをしているのか、自分が新築住宅を建てようと思っている地域にどんな住宅メーカーや工務店があるのかということについて調べ始めることだと思います。
建築雑誌や住宅情報誌など購入して読んでみたり、インターネットで住宅メーカーや工務店のホームページを検索してみたりすることだと思います。
ヤフーやグーグルなどの検索エンジンなどで地域の住宅会社を探す場合には「埼玉 注文住宅」のように
地域名に「住宅」「新築」「注文住宅」などの家造りに関するキーワードをつけて検索するとそれぞれのキーワードで様々な住宅会社のホームページを閲覧することができるでしょう。
また建築雑誌やホームページでどのような家造りをしているか、どのような理念で家造りをしているかが分かると思います。
ホームページを閲覧した中から気になる住宅メーカーや工務店が見つかったらその住宅会社のモデルハウスや住宅展示場に行ってみましょう。
実際に建物を見ることでまた家造りの希望なども変わってくることもあるので、様々な住宅会社のモデルハウスや展示場を見て回るようにしましょう。
住宅メーカーや工務店によっては自然素材を使った健康住宅や無添加住宅などのように、特色を持った家造りを行っている会社もあるので気になった事などは質問してみましょう。

PostHeaderIcon 住宅ローンについて

新築の家を建てるためや中古住宅や中古マンションなどの不動産物件を購入するために家造りを依頼する住宅メーカーや不動産会社と打ち合わせを何度も行うことだと思います。
打ち合わせを繰り返していく中で自分や家族が納得する新築での家造りや不動産物件が見つかった場合に次に考えるのは住宅ローンの申し込みだと思います。
住宅ローンを借りる場合には銀行などの金融機関や場合によっては住宅会社や不動産会社を通じて住宅ローンの借り入れの申し込みをします。
銀行などの金融機関に住宅ローンの相談に行った場合は借り入れの5年または10年の当初一定期間だけ特別優遇低金利の変動金利型の住宅ローンをみなさんに勧めてきます。
金融機関の優遇金利で計算すると月々の返済が非常に抑えられた返済額になるので非常に魅力的に感じますが、
優遇期間が終わった後の市場金利がどのように変化するかははっきりしません。
今は低金利の状況なので心配しなくてもと思う方が多いと思いますが、住宅ローンを35年などの長期間を変動金利の住宅ローンで組むことは非常にリスクを伴うことだと思います。
不況といわれる現状から景気が回復すれば必ず金利も上昇することになりますが、その上昇に伴って収入がすぐに増えるということは考えにくいと思いませんか。
そう考えてみると当初5年から10年の一定期間は変動金利の住宅ローンよりも月々の支払額が多いとしても全てのローンの返済が済むまで一定額の固定金利の方が安全だと思います。
月々の支払いが一定だとお子さんの成長に伴う就学などの出費に対しても家計の支出も計算しやすくなります。
無理なく最後まで返し終えることを考えて住宅ローンの借り入れを考えましょう。

Copyright © 2017 賃貸物件探し 不動産物件探し. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes